~まきち写真工房~

makichicam.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 05日

"Who's calling, please?"

a0206748_20312758.jpg


コミュニケーションツールの代名詞

“携帯電話”

今の世の中、絶対になくてはならない存在。


二度とない瞬間を大事にする私にとって

撮影をしている時に着信があると

“マジ、ウザい…。”となる。


申し訳ないが“居留守”を使うことになる。

折り返しこちらからかけ直そうとする訳だが

そういう時に限って見覚えのない番号からだ。

番号を良く確認してかけて欲しい…。

心の中でこうつぶやく…。


“どちら様ですか?”
[PR]

# by makichicamera | 2011-06-05 20:45 | 写真 | Comments(0)
2011年 06月 04日

“shopping mall”

a0206748_19115477.jpg


ワクワクする場所、

そこは“ショッピングモール”

行くたびに何かが変わっている。

ファッション、フード、ライフスタイル…。


行くたびに何か感じることがある。

流行を追うあまり“個性”が無くなってはいまいか?


“自分らしく生きる”

周りと少しぐらい違っていても良いじゃないか!

その人らしさが周りと“協奏曲”を奏でるから。
[PR]

# by makichicamera | 2011-06-04 19:41 | 写真 | Comments(0)
2011年 06月 03日

“まなざしの向こう…”

a0206748_21431698.jpg



子供の眼はものすごく綺麗だと思いませんか?

好奇心に溢れとことんまで行っちゃう。

動的な時も静的な時も真っ直ぐに見ている。

その眼差しは時に大人の心を見抜いているかの様だ。

僕ら大人たちは未来を生きる子供たちのお手本に

なれているのだろうか?


正しいことを正しいと言い、間違いを間違いと言い切る。

当たり前のことが格好悪いと思われる世の中だが、

未来のために“純粋無垢”でありたい。
[PR]

# by makichicamera | 2011-06-03 22:11 | 写真 | Comments(2)
2011年 06月 02日

“きょうのわんこ”

a0206748_2247713.jpg



高校生の頃、“ジョン”という名前の
雑種で白い犬を飼っていた。

ある時、何を思ったか名前を変えてしまった…。

賢いのかトロイのか判らないが、
名前を変えても呼べば応えてくれた。


その名は“パンチ”…。


人懐っこい名犬パンチだった。

もうパンチはこの世に居ないが、
いつか犬を飼いたいと思っている。
[PR]

# by makichicamera | 2011-06-02 22:55 | 写真 | Comments(0)
2011年 06月 01日

“So what?”

a0206748_22252688.jpg




“それが、どうしたって言うんだい?”



周りの人から“こだわり”が強いと言われる。

「適当にすれば…」とか「その辺で…」とか
理解していないわけではない。

自分にとっての“ちょうど”と周りの人の
それとに違いがあるだけ。

あまり周りの雑音を気にせずに行こうと思う。
[PR]

# by makichicamera | 2011-06-01 23:10 | 写真 | Comments(0)
2011年 05月 31日

“川遊び”

a0206748_20442581.jpg


暑い暑い日だった…。

仕事と都会の喧騒から逃げて
涼みに出掛けた筈の旅先…。

とても暑かった…。

“そう言えば子供の頃に
川遊びをした記憶が少ない”

ある意味、都会っ子で遊び場は
コンクリートの中で育った世代。

はしゃぎ回る子供たちの声で
現実に引き戻された。

川辺で幼い頃の記憶の回想と
現実の光景がシンクロした瞬間だった。
[PR]

# by makichicamera | 2011-05-31 21:00 | 写真 | Comments(0)
2011年 05月 30日

“girls”

a0206748_21405434.jpg


鉄道会社の主催するウォーキング
コースに行かれた事はあるでしょうか?

仕事柄、デスクワークが多い私は、
週末の楽しみのひとつにこれがある。

身近な場所に出掛けて行って
新たな発見に出会う醍醐味…。

茶畑を抜けた先で「茶会」の体験を
していた少女たちに出会った。

もう終わる頃と思うが我慢の限界?

そわそわしている少女たちが微笑ましく
パチリとシャッターを切った瞬間だった。
[PR]

# by makichicamera | 2011-05-30 21:59 | 写真 | Comments(0)
2011年 05月 29日

“silhouette”

a0206748_2211462.jpg


“silhouette”

「シルエット」の語は、フランスのルイ15世の
財務大臣:エティエンヌ・ド・シルエットに
由来するそうだ。

写真が登場するまでは切絵によるシンプルな
肖像が人物の特徴を記録する最も安上がりな方法であり
彼はこれを好んだためこのような肖像画を
“silhouette”(シルエット)と言われるように
なったそうだ。(引用:WIKIpedia)


昨年2月に東京の大田区蒲田で大学の後輩たちと
展覧会を開かせてもらった。

その時のテーマは「子供」
10点ほど展示させてもらった。

意外に好評で気を良くした僕は今でも
「子供シリーズ」と題して撮影を続けている。
[PR]

# by makichicamera | 2011-05-29 22:32 | 写真 | Comments(0)
2011年 05月 28日

“umbrella”

a0206748_21473454.jpg



少し前にも書いたが、基本、雨が大嫌い…。
ただ撮影に出掛けていれば、嫌いという訳でもない。

長野の妻籠宿に行った際、出会った一瞬がこのカット。
この日は東京から来ていた大学の後輩たちと一緒だった。

天気が崩れ雨が降り始めてきた時、
“傘”を寝かせて踊っている様な女の子に出会った。

雨が降ってきて気持ちが暗くなりそうだったが、
女の子の軽やかな雰囲気に助けられた気がした。

なかなか雨の日に出掛けることはしないが、
今年は出掛けてみようかと思っている。
[PR]

# by makichicamera | 2011-05-28 22:18 | 写真 | Comments(0)
2011年 05月 27日

“小さな巨匠”

a0206748_22535622.jpg



一心不乱に地面のキャンパスに絵を描いている…。

何かにとりつかれたかの様に…。

“夢中”とはこのことを言うのだろう。

ただこの子のように描くことは苦手…。


何かひとつでも“夢中”になれるものを
一生涯、持ち続けられるのは幸せだと思う。


今、僕は「写真」に夢中だ。

だからカメラが無かったら“夢中”になれるモノは
無かったかもしれない。

根っからの飽き性な僕が人生のうちの
7割近くの時間を「写真」とともに生きている。


“幸せ”で居られることに感謝!
[PR]

# by makichicamera | 2011-05-27 23:14 | 写真 | Comments(0)