~まきち写真工房~

makichicam.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 08日

"a frog"

a0206748_20464535.jpg


“カエル”


「古池や蛙飛びこむ水の音」(松尾芭蕉)


都会には光で描かれた池と

ペイントのカエルしかいない。


自然と離れて生きることは

もう限界をむかえているのかも。
[PR]

by makichicamera | 2012-07-08 21:04 | 写真 | Comments(8)
Commented by cobalt0906 at 2012-07-08 21:07
こんばんは。
逆に、田舎には光で描かれた池と
ペイントのカエルなんてないから、羨ましいです。
えっ!?何これ?ってとっても目を引く写真です^^
Commented by makichicamera at 2012-07-08 21:21
こんばんは。いつもありがとうございます。
小学生の頃、家の近くではまだカエルが鳴いていました。
その場所も開発の波にのまれ、カエルの住処も無くなってしまいました。
自然が無くなって人工のものが増えてから何か変です。
不思議なもので無くなってしまったものに懐古している
人間の愚かさみたいなものを感じました。
Commented by june_an at 2012-07-09 00:20
カエルが描かれてるなんて、
決してありはしない場所にあるというのが面白いですね。
でも、絵とはいっても踏みつぶすのはちょっとかわいそうで、
思わずよけちゃいそうです^^
Commented by rie-ryunosuke at 2012-07-09 07:18
おはようございます^^
一瞬本物のカエルかと思いましたよ。
Commented by makichicamera at 2012-07-09 11:56
june_anさんへ
ここは地下道の床なんですが、カエルの他にも
いろんな動物たちが壁や天井のあちこちに
描かれていて楽しいですよ。
でも撮影した日は可哀想に結構踏んづけられていました。
Commented by makichicamera at 2012-07-09 12:02
rie-ryunosukeさんへ
シルエットは本物と見間違えそうですよ!
ここは全て黒一色のシルエットで描かれた空間です。
この通路を歩いて通勤している人は癒されているだろうと思います。
Commented by nan at 2012-07-10 05:35 x
雰囲気のある写真ですね、一瞬立ち止まって見そうな・・・。
Commented by makichicamera at 2012-07-10 12:09
nanさんへ
こんにちは?? いつもありがとうございます。
テーマパークの様なリピート性は無いかもしれませんが、
初めて見たら色々と立ち止まって見入っちゃうと思いますよ。
でも本物には勝てないと思います。


<< "footstep&...      "a license... >>