2011年 08月 28日

"a curtain of mist"

a0206748_22582578.jpg


“ミストシャワー”を初めて知ったのは

今から6年前の「愛知万博」のグローバル・ループに

設置されたものだった。


当時は裏方だったので来場者の様には涼むことはなかったが

そのミストシャワーも全国的に設置されるようになって

その恩恵に与れるようになれた。


とは言ってもやはり霧の正体は“水”。

カメラやレンズに大敵なのは間違いない。

いくら防塵・防滴仕様のカメラでも濡らすことに抵抗がある。


ここぞという時に裏切られないように

自分が濡れても機材だけは守っていかないと

あとで痛いしっぺ返しを喰らっちゃう…。


自分の“眼”の替わりの機材だからね。
[PR]

by makichicamera | 2011-08-28 23:19 | 写真 | Comments(2)
Commented by rizumu009 at 2011-08-29 21:11
こんばんは
男の子の表情がなんとも愛くるしいですね。
カメラ系の雑誌に、「最近のカメラ・レンズは多少の雨でも
問題ない」との記載が・・・、
でもやっぱり大事な相棒感覚で雨から守っております^^
Commented by makichicamera at 2011-08-29 21:36
こんばんは!コメント、ありがとうございます!
ホント、愛くるしい表情に思わずシャッターを切っていました。
雑誌の言う内容は正直、信じ難い記述ですね…。
rizumu009さんの言う通り"大事な相棒"として守るべきですよね!


<< "terrace&q...      "ear of ri... >>